本文ヘジャンプします

ゴム型を利用した遠心鋳造ライン好評発売中!


様々な業界が注目


 少量多品種製造から量産までローコストで実現する『精密ラバーキャストマシン』
 導入企業様から、より精密なラバーキャストが行える装置として高評価を頂いております。

 主な導入業界
  ・ルアー業界
  ・精密模型業界
  ・仏具業界
  ・装身具業界
  ・宝飾業界
  ・食器業界
  ・カメラ業界
  ・小物雑貨業界


精密ラバーキャスト(遠心鋳造方)のしくみ


 円盤状の耐熱シリコーン製等の型を製作し熔解金属を型へ流し込みますが、このとき型へ
 熔解金属を流し込むだけでは熔解金属の表面張力等により型の細部へは熔解金属が充填され
 ません。この課題を解決する為に遠心鋳造法を用いて素早く熔解金属を型の細部まで充填さ
 せる製法がラバーキャストです。
 製作した型をラバーキャストマシンへセットし起動すると型が回転し、そこへ熔解金属を
 流し込むと遠心力により熔解金属が型の細部まで充填されます。
 弊社ではラバーキャストマシンやバルカナイザーの精度や剛性を最適化し、さらには型の
 製作に欠かせないシリコーン素材の調合などを見直し精密ラバーキャストを実現しました。


亜鉛まで対応可能な耐熱シリコーン型


 従来ゴム型での鋳造はホワイトメタルといわれる低融点金属が主流でしたが、弊社では
 素材メーカーとのコラボレーションにより耐熱シリコーン型を用いることにより亜鉛での
 ラバーキャストを実現しています(金属の溶解温度)。
 また、従来のホワイトメタルを用いる場合でも型の 耐久性が向上し、多くのキャストを
 行えるようになり低コストを実現しています。


ラバーキャストの工程例



 3Dプリンターで原型を製作し、ゴム型・シリコン型を製作しラバーキャストマシンで鋳造する工程例です


ラバーキャストをトータルサポート


 ラバーキャストマシン導入時のゴム型・シリコン型製作に必要なノウハウの提供や
 シリコン型材料の供給等ラバーキャストをトータルサポートいたします。


精密ラバーキャストを支える製品ライン


 ■精密ラバーキャストマシン(遠心鋳造機)
 ■バルカナイザー
 ■金属溶解炉


仕様(ラバーキャストマシン)



ラバーキャストマシン
・精密ラバーキャストマシン(遠心鋳造機)
 回転ぶれがなく静音
 モーターはインバーター制御でエコ設計
 タイマーで自動停止
 蓋を開けるとブレーキで停止
 ショット数カウンター付き
 デジタル設定で回転数を設定できるので、条件設定が簡単で品種の多い製造に最適
 回転数もデジタル表示

 ■主な仕様
  電  源:単相AC100V/3相AC200V 10A
  回転方向:切り替え可能
  エアー供給:約4kg/cm
  サ イ ズ:700(W)×700(D)×850(H)mm
       (突起部除く)
  重  量:約172kg
  型サイズ:9インチ/12インチ
       (24インチ等の特注機も製作いたします)


                               
遠心鋳造機


お使いのブラウザはanalogです。